3Dプリンターセミナーに参加しました

先日、滋賀県産業支援プラザ主催の3Dプリンタセミナー「アイデアをカタチに3Dプリンタはこうやって使う!クリエイターにとっての有効活用法」に出席しました。

少し前までデアゴスティーニのCMで再び耳にする機会が増えた”3Dプリンター”。

個人的には、3Dプリンター自体が安くなっていて、個人レベルでアイデアさえあれば、簡単になんでも形にできるというイメージがありました。

しかし、3Dプリンターで実体化するためには当たり前ですが、まずデータが必要となります。

3Dプリンター用データが作れる3Dソフトには、大きく分けて3D CGと3D CADがあります。

以前に建築関係の勉強をしていたので、2DのCADを使用したことはありますが、3Dとなると全く未知の領域です。

3Dプリンターを買ってすぐに楽しめるには、それなりの知識が必要なんですね。

たしかに壁は高いですが、その先には様々な可能性を秘めています。

すでに色々なアイデアも頭の中にはあります。

それらを実現するためにも、まずは1つデータ作成から始めて3Dプリントしてみたいと思います。
その際は、実体化されるまでの様子もこちらでご紹介させていただきたいと思います。

下の写真は、実際に3Dプリンターで制作されたものです。

髭のようなモジャモジャとなっている箇所は、サポート材と呼ばれるもので、

3Dは素材を積み上げて立体を作る機械なので、不安定な立体を作成する場合には、支えが必要となります。

ホームページ制作や運営、ショッピングサイト出店、システム構築、空中動画・画像撮影などのご相談・お問い合わせは無料でご対応させていただきます!
お問い合わせ 制作実績

PAGE TOP