ホームページを作るという意味は?

最近はどんな業種でもホームページを制作されますね。

まず考えやすいのは、「会社案内」としてのホームページを作ることですね。

弊社でも「会社案内的なやつを。。。」という風に伺うことがあります。

でも、これはあまり意味がありません。

昔、ホームページを持ってないことが当たり前だった時代にはよかったと思いますが、今となってはそんなホームページは価値がありません。

ポイントは「そのサイトは生きているか」ということだと思います。
つまり、「新鮮な情報が常に発信されているか」につきると思います。

会社を検索したところ、新着情報に輝く「NEW」の日付を見ると、、、2013年、、、そんな会社のスピード感をどう受け取りますか?

そして、それを回避するためにお知らせ機能を付けない、という選択をされるクライアント様もおられます。

「担当がいないし」「そんな発信することないし」「そんな時間ないし」

これは、非常に「もったいない」です!!

発信する情報は、その業種に通じる内容なら独り言でもいいのです。とにかく文章やコンテンツを増やすことが大事なのです。

中身はなにも小難しい話をしなくても、その業種にまつわることなら定期的に情報を発信することは容易だと思います。

「私どもはこんな事業をしていますよ!」「こんな細かいことに気配りしてますよ!」ということを発信するだけです。

簡単です。

それをすることで、ホームページを検索して見た方は一定の解釈をしていただけます。

「あ、そうなんだ。この会社はこんな雰囲気なんだ、こんな考えなんだ」と。

あとは、電話なのか、お問い合わせフォームなのか、それはそれぞれですが、「必要」だと思われたらアクションへつながります。

特に地域の方が検索する場合にSEO対策としてもかなり重要な役割を果たします。

例えば、滋賀県の企業なら「滋賀は●●が有名ですが・・・」や「滋賀は寒いですね~!さて・・・」と、ホームページ内にさらっと地域名を入れた文章を作ることなど造作ないと思います。

つまり、一石二鳥の新着情報なのです。

弊社でもお知らせ機能を搭載した大変お安くなってるシステムを提供しています。
ぜひ一度お問い合わせください。

DGインデックスではあなたのビジネスのために、マシンのように働くホームページを制作します!


ホームページ制作や運営、ショッピングサイト出店、システム構築、空中動画・画像撮影などのご相談・お問い合わせは無料でご対応させていただきます!
お問い合わせ 制作実績

PAGE TOP