ホームページのメンテナンスについて


突然ですが、ホームページはほっておくと錆びます。

ホームページはまず制作するところから始まります。リニューアルの場合は本体を作り替えるときですね。

どういう事業やサービスを行っているか、会社概要やお店の場所、お問い合わせフォームなど、必要な要件を盛り込んでホームページは作られていきます。

業態にあったイメージのホームページが出来上がったとします。

基本的にはドメインとサーバを用意して、アップロードしたら公開されます。

あとはホームページのURLを告知していくなり、検索エンジンに登録されて会社の名前、お店の名前、サービスの名前などで検索されたときに見つかるようになります。

単にホームページが存在すればそれでいい。という考えも理解はできます。

しかし、ホームページを常に新しい人が見るのです。

古い写真、古い情報、最終更新のお知らせが3年前の日付・・・であったときにどんな印象をばらまいているか、想像に難くないと思います。

ずばり、ホームページはメンテナンスが必要です。

あるサービスや商品を探してる人にとって、ホームページで見られる情報はリアルタイムで一致しておかなければ意味がありません。

極端にいえば、まったく更新が止まっているホームページのお店や会社はつぶれてしまったのか?と思われても仕方ないと思います。そのうち、ドメインも停止されるのでは?そんなところに頼めないなあ~となります。

弊社の考え方としては、初期の制作費こそ圧縮するべきで維持費用、つまりランニングコストは掛けるべきだと考えます。

運用運営していくからこそ、そのコストに意味が出てきます。

ホームページがいきいきしているところはリアルでも元気です。

既存のホームページを改良する場合も、せっかく作ったものを活かす方法もあります。
自社にお客様を連れてくる重要なインフラだと考えて、ぜひ運用をお考えください。

ホームページ制作や運営、ショッピングサイト出店、システム構築、空撮動画・画像撮影、デジタルサイネージ設置、その他コンテンツ制作などのご相談・お問い合わせは無料でご対応させていただきます!
お問い合わせ 制作実績

PAGE TOP